はんことは?

TOPページ  >  象牙と印鑑1

印鑑(実印)登録について1

印鑑登録(いんかんとうろく)とは、
印影により個人及び法人を証明する制度です。

早い話が、世間でよく言われる「実印」の登録のことです。

印鑑を「実印」登録すると、カード型の印鑑登録証がもらえる他、
実印登録されていることを示す、
紙による印鑑登録証明書の交付を受ける事ができます。

今回は、その実印の登録方法をご説明します。

  1. 回答書による方法・・本人が来庁する場合
    1. 実印として登録したい印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
    2. 役所から照会書及び回答書が郵送されるので、回答書に記入する。
    3. 回答書及び実印登録したい印鑑を役所に持参する。
    • 代理人が来庁する場合
    1. 本人自書の委任状と実印登録する印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
    2. 役所から本人あてに照会書及び回答書が郵送されるので、回答書に記入する。
    3. 回答書、本人自書の委任状、実印登録する印鑑と代理人の印鑑(受領印として)を持参する。
  2. 官公署発行の写真付証明書
    (運転免許証、パスポートなど)による方法(本人来庁のみ)
  3. 保証書による方法(本人来庁のみ)
    1. 自治体内で実印の印鑑登録している人に保証書を書いてもらう。
    2. 保証書と実印登録する印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
    3. 本人確認のための質問に答え、正しければ印鑑登録できる。

また、実印として登録できない印鑑も存在します。

  • 「氏名」「氏または名」「氏と名の一部の組み合わせ」以外の物
  • 氏名以外に職業その他の事項を表わしているもの
  • 印影が不鮮明なもの
  • 印影が1辺8mmから25mmまでの正方形に収まらないもの
  • 変形・破損しやすい印鑑(ゴム印等)。
  • 大量生産されて、同一の印影が多数存在されると思われる物。(いわゆる三文判)
  • 世帯内の者と同じ、又は印影のよく似た印鑑
  • 外枠が4分の1以上欠けているもの
  • 逆さ彫り(文字が白抜きとなる彫り方)

また、実印は一人につき一個の登録しかできないため、
もし、実印の変更があった場合、役所などに印鑑登録の変更の手続きを執らなければなりません。

Favorite

Last update:2015/5/19